<< 訪問カット | main |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    叶結びと楓果ちゃん
    0

      私の仕事場の近くに、西国三十三ヶ所観音霊場四番札所の槇尾山施福寺がある。毎朝、登り30分の山散歩を仕事前に楽しむ。

      夏場は6時半に、冬場は7時に自宅を出るのだが、霊場とあって色んな方とのふれあいや出会いがある。

      以前、1〜2回お会いしたことがあリ、今日お会いするのがたしか3回目だと記憶する、3人の巡礼ファミリー。

      一番最初にお会いした時は、こちらからお声掛けをさせて頂いたと思う。「失礼ですけど、お手伝いしましょうか?」と

      話しかけると、すぐさまお父さんが、「お気使いありがとうございます、大丈夫です、ボチボチゆっくり登りますので・・」

      その表情は、真夏の汗をタオルで拭いながらの笑みだったのを今でも記憶している。

      今日は摩崖仏があるベンチで休んでる人とストレッチャーが見えたので、もしや以前出会ったファミリーの参拝者の方かなと?、

      思うや否やお父さんが、「おはようございます、よかったら、おひとつどうぞ」と、小さな布生地のキーホルダーの様なものを手渡してくれた。お聞きすると、手作りの叶結びストラップらしい。聞くのも見るのも初めてで、質問責めにしてしまった。

      ストレッチャーに横たわった女の子は、楓果ちゃんといって中学生前後の小柄な娘さん。楓果ちゃんは寝たきりで話すことが出来ない。そんな楓果ちゃんと3人で、西国三十三ケ所巡礼をしているという。

      西国巡礼は平坦な参拝道ばかりではない。お父さんとお母さんは諷果ちゃんのストレッチャーを二人で担ぎながら巡礼しているらしい。もう数回満願しているようで、楓果ちゃんの輪袈裟とネーム入りのバッジの色が物語っていた。

      何とも頭が下がる思いで、今もキーボード打ちながら胸が熱くなる。出来れば、またお会いできることを願いながら、

      ストラップを大切に持っていようと、気持ちを叶結びした朝だった!

      | 神社仏閣 | 13:51 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 13:51 | - | - |
        コメント
        コメントする