金剛山・・
0

    最近、休日になると金剛山に足が向く。標高1.125mの金剛山は、奈良県の御所市と大阪の南河内郡千早赤阪村にまたがっている。中学の頃、耐寒登山と称して学校からゾロゾロ歩いた記憶がある。

    金剛山

    金剛山

     

    金剛山

    寒い時期だったがこの時は雪もなく、足元は正月にお年玉で買ったおニューのデッキシューズで歩いたのを、今でもよく覚えている。あとは何処をどのように、どこまで歩いたかなどは、全く記憶にない。当時は山登りなんてするモノは、人間じゃないと思うぐらい斜に構える反抗期。中には白い長靴(別名・ドタ靴)を履いているツワモノもいたような気がする。それがなぜ今頃?最初は運動がてらに知り合いのサーさんに同行。何の知識もなく健康のために休日を過ごす感覚。適度に腹も減り、山頂の昼飯が美味いのは確か。

    金剛山

    2〜3回一緒に登ったがそれで終わり。ひとりで行くのも億劫だったが、昨今の山ブームで金剛山の名前をよく耳に入りだした。そこで思い切ってひとりで行くのだが、方向音痴のオイラには、登りルートと下山のルートが一致しない。登り口とかなり離た場所に下山するのはしょっちゅう。

    金剛山

    金剛山

    しかし、どんなことでも慣れてくると面白いもので、心に余裕ができると周りも見えてくる。老いも若きも黙々と歩いている気持ちが少しは納得できる。そうなってくると四季の移り変わりを楽しみながら休日が待ち遠しい。たぶんほとんど人がこんな感覚で山に入るのだろう。

    金剛山

    金剛山

    スキーをしていた若いころ、山に近づくにつれて吹雪く景色を見てワクワクするのが好きだった。これからの時期も金剛に向かう車から、吹雪いてくれと、祈る・・

    | トレッキング | 23:52 | comments(0) | - |
    | 1/1PAGES |